ブックメーカー

ブックメーカーを知る

投稿日:

 

いろいろなスポーツの試合前に、選手やチームの優勝倍率などがよく出てきます。

そのときに「ブックメーカーのオッズは」といった感じで出てきますので、多くの人が聞いたことはあると思います。

しかし、「ブックメーカー」を利用して自分が好きなスポーツなどに賭けて更に楽しみたいと思っても、主に以下の2つの理由で躊躇していたりそのままになっている人もいます。

「使い方がよくわからない」という難しそうなイメージ
「英語のサイトだから無理」という先入観や誤解

しかし実際には、誰でも利用できますし日本語対応もしているので全く問題ありません。
ですから、利用してみたいのに止まっている人は、非常にもったいないです。

まず正しく「ブックメーカー」のことを知ってそれらを払拭し、楽しみを倍増させましょう。

 

ブックメーカーとは

「ブックメーカー」とは、簡単に言うと「欧米における賭け屋」のことです。

「ギャンブルの胴元でしょ?怪しい」
「一杯お金ふんだくって儲けてそう、むしり取られそうで怖い」と言った誤解や悪いイメージの人も結構いるようです。

まあ、知らなければそう思うのも無理はありません。

 

では実際にはどんな存在なのでしょうか。

ブックメーカーは、ライセンスが発行されるまでに様々な厳しい審査があります。運営を開始してからも、外部監査機関より月単位で運営状況の厳しいテストを受けています。公平性なども徹底されていて、ユーザーが安心して遊べる環境がしかかり整えられています。

ブックメーカー社の多くは、銀行よりも企業として高い評価を受けており、世界的に社会的信用度の高い企業です。

 

ここで1つ、具体例を挙げましょう。

賭け屋である運営側は、儲からないと存続できませんから、ユーザーが賭けた金額に対してしっかり儲かるようにできています。

賭けた金額を100%として、ユーザーに戻ってくる割合を「還元率」と言いますが、この還元率が企業によってかなり違います。

ユーザーにとっては、還元率が高いほど嬉しいですね。つまり、還元率が高いほど勝つ確率が高くなりますから、ユーザーに優しいということになります。

 

*日本で行われているギャンブル系の還元率

競馬、競艇、競輪、オートレースは74~75%で、100円賭けたら75円戻されます。
100円賭けたら25円負ける覚悟が必要?ということです。
これが、宝くじになると何と45.7%であり、サッカーくじ(toto)も49.6%という低さです。

これは、世界の公営ギャンブルの中では最低レベルです。あなたはこの低さ、ご存知でしたか。宝くじやtotoは、まさに「夢を買っている」のですね。

もう1つ言っておくと、競馬などの還元率は実際にはもっと低いです。
理由は、当選金に所得税・住民税がかかるからです。
さすがに、宝くじやtotoにはかかりませんが。

 

さて、では海外ブックメーカーはというと…

低いところでも約90%の還元率なのです。

還元率は、1つのブックメーカーでも賭ける種類によって異なってきますが、
これから紹介します「ウイリアムヒル」の還元率はだいたい94%くらいです。

少し数値で示してみたいと思いますが、
オッズの見方がまだわからない方は飛ばしてください。

(サッカーの例)

ホームの勝ち:2.8倍、引き分け:3.1倍、ホームの負け:2.6倍
計算:1/(1/2.8+1/3.1+1/2.6)→約0.94

100円賭けたとしたら、ウイリアムヒルの取り分はわずか6円です。
残りの94円を3択に分かれて賭けた人たちで取り合うことになります。

どうでしょうか。非常に優秀な還元率だとわかっていただけると思います。

「わかったけど、還元率なんて気にしない」って方、
ギャンブラー気質だと思いますので、くれぐれも大損にはお気をつけを!

 

-ブックメーカー

Copyright© ウイリアムヒル【よく分かる】〜登録から開始までの流れ〜 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.